FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬用バイクジャケットのクリーニング

バイクのジャケットの洗濯は冬用は年に1~2回、春夏用は3~4回くらい自分で洗っているが、

白黒ジャケットの場合白い部分の汚れが目立ってくる。

いつも手洗いする時は、つけおき洗いするだけだったが、今回は汚れた部分を擦ってみようと、

100均でブラシを買ってみたけど、やはり面倒なので初めてクリーニングに出す事に。



ちょうど今の時期はクリーニング店のセールを実施しているところも多い。

近所にあるクリーニング屋もセール期間ということで、ダウンやスキーウェアのクリーニング代金が30%offだったので

試しに持って行くことに。

ご存知の通りクリーニング代や、その仕上がり具合などは店により大きく違う。

今回出したのはクリーニングを工場で行う中堅規模のチェーン店です。

なので職人とか匠とかはたぶん居ません(笑)



バイクウェア¥700 中綿¥260 シミ抜き¥400

ダウンジャケット¥1400 フード¥200

計¥2960


バイクウェアはスキーウェア扱いとなり、この店では中綿入りは別料金が発生しました。

ダウンジャケットは普段着用ですが一緒にクリーニング。

フードに付いているファーは¥2000掛かるので止めておきます。




そして一週間後仕上がり具合の確認。


465622jpg.jpg
HYODのVOYAGERというモデル。

スカイウェイブ時代に買ったからもう6年くらい使ってます。


165623.jpg


21622.jpg
結構綺麗になったと思う。


16632.jpg
ここの汚れは随分前からあったし、何の汚れか正確には分からない。

でも汚れは薄くなり目立ちにくくなったのでいいか。

こういうフラップとか手に触れる所が多い所は黒の生地にしてくれとは思う。



これ以上シミ抜きすると生地を傷める可能があるとの注意書きと共に¥100の金券が付いてました。

まあクリーンニングは色々と客とのトラブルが多いのだろう。

こちらも¥400程度の染み抜き料金で完全に綺麗にしろとはいえない。


以前染み抜き達人の技術をTV見たけど凄いの一言。

そういう店では落とすことが出来るけど、

時間が経過した染み抜き料金はケタがひとつ違ってくるのである程度妥協が必要だ。



IMG_20170422_190959_R.jpg
一方ダウンジャケットは黒なので汚れが落ちたのかは正直分からない。


仕上がり具合も悪くなく、どちらも縮んだとかダウンが潰れたとかは無いので、また汚れが目立って来たら

クリーニングに出してみようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。