FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳平ツーリング その1

IMG_4183_R.jpg
今日は岐阜県と長野県の県境にある畳平に来ております。



今回も日付が変わって土曜日の深夜2:00に出発しました。

前回は仮眠出来なかったけど、今回は2時間ちょい寝れました!

まあ起きてから行き先決めて、準備しましたからね(笑)。

私はどうも先にはっきりとした行き先決めると興奮して寝れない気がして・・・。



畳平もマイカー規制なのは知っていたので、まずは岐阜県側の朴の木平駐車場に行けばいいみたい。

長野県側からは三本滝駐車場からです。ここは以前寄った事がある場所。



朴の木平で荷物の畳平への荷物を準備してたらバスが来てしまい、急いで自動券売機で切符(往復¥2300)

を買ってギリギリセーフでした。ちなみに自宅から190km、3.5時間ほど。

来る途中に雨が降ってきましたが、朴の木平はやや雲がある程度。

畳平が雨や濃いガスがかかってたら止めとこうと思いましたが、天候をチェックする間もなく飛び乗った感じ(笑)。


今日は5:55分発のバスに乗車しましたが、晴れの日にはご来光バスというものがあって、

こちらは3:35~の便もあります。






IMG_4151_R.jpg
乗鞍スカイラインを45分ほど揺られ、畳平に到着すると晴れ間が(*^^)v

気温も13~15℃で非常に涼しい♪ この涼を求めてここまで来たんだ。

身に着けてきたPOWERAGEのレインウェアがぱっと見、他の登山客と同じ登山ウェアっぽいので周囲から浮かない。

と思っている(笑)。

スニーカーを持ってきたけど、履き替える間もなくバスが来てしまったのでバイク用のブーツのままだけど。



IMG_4184_R.jpg
乗鞍スカイラインは18時で通行止め。

なのでバスの最終便は17時頃。これに乗り遅れると徒歩で下山することになるらしい(汗



さて畳平には来たけど、これからどうしようか。正直何があるのか分からないから、

パンフレットや掲示物を見てしばらく情報収集。


IMG_4154_R.jpg
それでもよく分からないから、残雪の上に方にあるコロナ観測所でも目指す事に。



IMG_4155_R.jpg
熊が出て来たら皆に知らせる装置。

先の情報収集によるとここ乗鞍周辺は熊の目撃数はかなりのもの。

でもライチョウの目撃も多いようだった。たしかにここら一帯ハイマツだらけでライチョウが飛び出して来そうな気配。

ライチョウ狙いなら畳平かベストかも!?



IMG_4157_R.jpg
これは飲料水の水源のようだ。

IMG_4158_R.jpg
視覚的にも涼しい池。

畳平から少し歩くと暑くなってきた。今の時期ガチの登山じゃなければ半袖などの軽装で十分でしょう。

水源地近くに坂と階段があったけど、そこさえ過ぎれば後はなだらかで広い道がが続く。

ここなら日頃の運動不足の方でも大丈夫のはず。

しかも先の階段とかも、少し迂回すれば回避できるルートもある。



IMG_4160_R.jpg

IMG_4162_R.jpg

IMG_4164_R.jpg
景色を眺める余裕もあるので、標高2700mからの展望も楽しみましょうか。



しばらく歩いて気付いたけど、

IMG_4167_R.jpg
観測所への道は立入禁止だったので、いつの間にか後ろに回り込んでました。


IMG_4171_R.jpg
休憩と食事などが出来る小屋があります。

近くに汲み取り式の公衆トイレもあり、無料で利用できるので助かります。


IMG_4170_R.jpg
ここで提供される料理の写真が見たいが・・・。



IMG_4169_R.jpg
小屋の背後に剣ヶ峰口と書いてある。

どうやら剣ヶ峰(標高3026m)へ行けるようだ。

でも私はここで引き返す事にします。

えっ登れって?体力的に無理っス!!  しかも重たくて滑るバイクブーツ等というハンデ付きだしさ。


IMG_4175_R.jpg
でもあの稜線は歩きたいなとは思う。

カメラで撮影し拡大してみると、山頂にある社に結構な人が確認できました。



IMG_4177_R.jpg
帰路の最中、下では何かトラブル!?



IMG_4179_R.jpg
あの遊歩道がぐるっと一周している場所がお花畑みたいだ。

行きは残雪の横の道を通ったけど、帰りは階段回避ルートを通ってます。


IMG_4189_R.jpg
駐車場に近くに来ると急にガスが立ち込めてきました。

そういえば畳平に到着した時、パトロール職員の立ち話を聞いていたけど、この天気も8:00までだなと

言っているのを思い出し、ふとスマホの時計を見るとほぼ8時でした。

やっぱプロは流石やな。

でもこういう悪天候になるとライチョウが姿を現しやすいんだとか。



少雨降って来たし8:20の便で下山しますか。

畳平は室堂と違って細長い蝿みたいな虫が多いので、展示室で時間潰してたらバスがもう出る瞬間でした。

危ないトコだったよ。



搭乗したバスの運転手は行きに熊を見たよって言っており、

もしライチョウか熊が居たらバスを止めて観察させてあげますと言ってました。

まあ私も眠たかったのでほぼ車中でうとうと寝ていると、不意にバスが止まりました。

もしやライチョウかと思い窓を見ると、




IMG_4193_R.jpg
残念熊でした。

岩の下の何かに傾注しているようです。


幸いバスの中というセーフティな場所なのでゆっくり撮影出来ましたが、

これが外だと戦闘準備しないといけません。

本当は戦いたくないけど、逃げでも追いかけられ背後から襲われたりするよりは、

正面から抵抗する方がまだ望みがあるかなって。


ちなみに日頃から考えている熊と対峙した時は、速やかに足元を見て大き目の石を手に持ち、

熊が向かって来たら防御力が弱そうな鼻めがけてシャインニングフィンガーします(笑)。

無ければ威力は落ちますが拳で。

私のシュミレーションでは鼻に直撃させれば逃げてくれるはず!

もし失敗すれば自分が肉塊となってしまいますので、落ち着いて照準を定めて、対象を制圧して下さいね。


まあ熊だけじゃなく、バイク乗っていると事故で致命を受ける確率も高いから、楽しみたい事があるなら早くやっておいた

方がいいかもしれんね。私らライダーはいつも死と隣合わせヨ。だから楽しいとも言えるだけど。





・・・てか熊との戦いに熱く語ったり、メメント・モリみたいな事を言っているんだろうな私は。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。