FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国自販機ツーリング 1日目

IMG_4257_R.jpg


今回のロングツーリング先は四国。もちろん行く理由は自動販売機の訪問です。

でも折角四国に来たので、事前にピックアップした場所と野宿地が主に紹介します。

ただ全部書くときついのでかなり割愛されますが・・・。



今回も仕事終わりの1:00出発。

昼間の近畿地区周辺の大渋滞を見たら夜中出発しかない。夜なら大丈夫かな?

ただ和歌山港からの四国への輸送船も捨てがたいが出航時刻を合わせるの難しい。

初っ端から時間に追われのもどうかと思うし。

まずはどちらでも選べる奈良県の針T.R.Sへ。



東名阪自動車道は夜中でも渋滞中なので、R23~R1で三重県亀山。そこから名阪国道。

道の駅針で休憩がてら船の時刻を見ると、ここからではほぼ間に合わないようだ。


ならばと天理ICから四国まで全線高速道路しかない。

天理の先で短い強雨に振られたが、既に合羽を着こんでいたので華麗に襲撃を防いだ感じで気持ち良かった(笑)。


大阪には初めて来た。ビル群の中を阪神高速を縫う感じで進む。

夜の大阪の景色を見ていたら、うっかり高速から下りてしまったよ。


そして兵庫県に入り神戸。お洒落な街だというイメージがあったが、確かに高速から見えるマンションなどが

スタイリッシュで名古屋とは違う気がする。



明石海峡大橋を渡り大混雑のSAでサンライズ写真のために休憩。

眠くなって来たので、人の少ない次のPAでも休憩を取り仮眠。



IMG_20170816_134419HD_R.jpg
ここから手近な自販機から訪問する。まずはコインスナック御所24。

唯一ボンカレーの自販機がある、今回の本丸と呼べる所からか(笑)。

※緑=自販機 青=名所



7:45 コインスナック御所24

IMG_4259_R.jpg
端から端まで全部自動販売機! 奥には珍しいゴム手袋の自販機もある。




IMG_999522.jpg
仁鶴師匠ぉ!これがボンカレーの自動販売機。

NHKの"生活笑百科"を見る度にこの自販機を思い浮かべてしまうぜ。


IMG_4274_R.jpg
¥300で購入してみると、大塚食品のボンカレーどころか、ハウス食品の咖喱屋カレーが(笑)。

確かボンカレーより咖喱屋カレーの方が安いはずだったから、商売の上では仕方ないのかも・・・。

元々はボンカレーだったはず。ボタンの所がボンカレーとテープで隠されてましたし(笑)。


それでも12時間ぶりのカレーはレトルトでもこの旨さ! ライスもボリュームがあると思う。



IMG_4268_R.jpg
勿論うどんの自販機で天ぷらうどん(¥250)も食す。


隣には冷房の効いたゲームコーナーがあり、そこに両替機がある。

私は知らずに缶コーヒーを買いお金を崩してしまったけど。




御所24より少し北上し、白鳥海岸にある白と黒の縞模様の岩"ランプロファイア岩脈"の観察へ。

IMG_4282_R.jpg
潮が満ちていると近づけない場所でしたが、何とか岩脈を見ることが出来ました。

ランプロファイアを語ると長くなるので割愛しますが、かなり珍しい天然記念物です。


周辺の磯には色々な生き物の観察も楽しめます。

IMG_4279a_R.jpg IMG_4283a_R.jpg IMG_4284a_R.jpg

  香川県のフナムシは何か綺麗。

  イシダタミガイとマツバガイ?。












さてそろそろ予定に組まれている"しろとり動物園"へ向かう。


IMG_4337_R.jpg
入園料は¥1300。公共の動物園と比べ高いですが、触れることができる動物園です。

駐車場周辺には何故か沢山の犬が居ました。


IMG_4323_R.jpg
けものフレンズで有名なサーバルキャット。

観たことないアニメだけど、自宅に帰って朝起きたら偶然再放送していたのでちょっとだけ観た。

途中から観たからあらすじが全然分からんけど。


IMG_4317_R.jpg IMG_4326_R.jpg
IMG_4324_R.jpg IMG_4304_R.jpg
左上 カラカルというネコ科の動物 このカラカルは何だかふてぶてしい表情をしている。

右上 トラも甘噛みするようだ。2頭のトラがじゃれ合う中、隣の檻のトラが羨ましそうに見てました。

左下 触れる事が出来る場所にいたネコ。触れる動物園に来たけど触ったのは猫を一撫でしただけ・・・。

右下 フクロウは地元の大須観音にペットとして飼っている人が来ます。フクロウはどれもかなり高価ですね。


この日は日差しが強くて、動物園を歩いているだけで体力を消耗します。

園内の3分の2ほど見たので出ることにします。1時間ほど滞在したかな。

全部は紹介出来ないけど、かなり楽しめました。

この地方でも一時有名になった滋賀県"ピエリ守山"でも動物園があるようなので今度行ってみようかな。




12:15  横田自販機コーナー


IMG_4341_R.jpg
暑い中走って来た自販機コーナーに到着しましたが、同時に近くの蒲鉾工場で働いていると思しき、

女子2人が椅子に陣取ってしまいました。しかもめちゃ喧しい声で駄弁るからゆっくり出来ないと感じ、

周辺をうろついたり、裏の信用金庫の日陰で休みました。

多分昼休憩中だから適当な時間になったら仕事に戻るでしょう。



IMG_4344_R.jpg
30分後に来たらいなくなったので早速うどんを頂きました。


IMG_4346_R.jpg
天ぷらうどん¥200。

IMG_4348_R.jpg
今回のツーリングは夏場なので、普段仕事に持って行く水筒1.5Lを持って来ております。

バイクツーリングでは嵩張るけど、私は野宿なのでテント・寝袋・マットなどを持って来てないですからね。

コンビニで1L¥100の麦茶とロック氷を買って、その場で入れて休憩の度に飲む感じ。今回はとても重宝しましたよ。



まだ13:00頃と時間はたっぷりとある。よく台風が上陸する室戸岬へ行ってみるか。

途中国道を逸れ、南阿波サンラインという道へ。

タイトコーナーとマップルに書いてあったが、景色も道も綺麗で走りやすい道でした。


第4展望台だったかで休憩。

端っこでドールの撮影に興じている人の車が1台で静かな感じ。

IMG_4355_R.jpg
ブーツと靴下も脱いで横になりました。

適度に風も吹き涼しいし、虫も飛ばしてくれるのか羽虫類は見かけません。


まだまだ室戸岬の距離はありますが、快走路が続くので気になりません。

でもまた眠くなったので道路脇の東屋で仮眠30分。

四国はお遍路さん用?の休憩スペースが多い感じです。



16:00 室戸岬

IMG_4357_R.jpg
ここまでお盆休みの割にライダーは少ないと感じてましたが、岬にはそこそこ・・・と言っても10台ほど停まってました。

岬などの先端にライダーが集まりやすい法則は本当ですね(笑)。

適当に散策しましたが特に興味深い物体は無いですね。室戸スカイラインは走っておけば良かったかも。



さてもうすぐ日暮れも近いので野宿地を探さないと行けない。

気楽そうな野宿ツーリングも、野宿地を探すのは運と感が頼りだったりするのよ。

完全に日落ちする前には見つけたいので、これだけはちょっと焦るのだ。


それにしても野宿するお遍路さんはどうやって夜を過ごしているのだろうか? 


奈半利のコンビニで夜食を買いつつ、マップルで野宿できそうな場所を探していると、

県道12号の山深い場所に"鳥石ピクニック広場"という文字を見つける。

ネットで検索してみると東屋があるではないか!よし行こう。


ただ山の方は雲が怪しく、雨雲レーダーを見るとがっつり大雨のシグナルが・・・。




18:15 鳥石ピクニック広場


IMG_4365_R.jpg
合羽を着ないとダメなくらい雨の中到着。

ちょうど散策し終わった家族連れと入れ替わるように、私も周辺の散策を開始。


IMG_4366_R.jpg
カメラのせいでかなり明るいけど、実際は雨もあってか暗い。

揺れる吊橋の先にトイレと変な巨岩があったけどこれが鳥石だったのか?

他に朽ちかけた神社があったが、鳥居に張ってあった蜘蛛の巣に奇妙な虫が引っかかっていたので、

ビビッて境内には入ってない(笑)。 

ひぐらしも鳴いているせいか、あのアニメも思い浮かべるとちょっと怖いかも。

(主人公が吊橋から突き落とされたからね(汗)


戻りの吊橋が軋む音で、私の後ろに誰か居るんじゃないないかと本気でびっくりしました。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とはよく言ったものだよ。私の心理状態が良くないようだ・・・。




IMG_4374_R.jpg
メンタルケアのため、県道の先にある森林鉄道へ大雨の中走って来ました。

近くには馬路温泉宿があり、割と多くの車が停まってます。

この県道狭い割によく車が通るのはこのせいかも。



IMG_4375_R.jpg
サイドとトップケースを持って東屋へ。

防水リアバッグはそのままいいや。



IMG_4379_R.jpg
早速購入したばかりの椅子を展開。

虫除けスプレーと吹きかけ、蚊取り線香を焚く。

コンビニのおにぎりをパクつきながら漫画を1冊を読んで21:00頃には寝たかな。

サイドケースに足を乗せるとリラックスできるよ。


23:30に目覚めたけど、吊橋を渡りトイレへ。


IMG_4388_R.jpg
夜中の吊橋はスリル満点。明りは持っていくが試しに消して渡ってみたり。これが本当の肝試しか!?



走行距離 617.3km
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。