FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国自販機ツーリング 4日目

IMG_4695_R.jpg
4:10起床。 何とか無事に夜を過ごせたようだ。

足下にカミキリムシを見つける。そういえば最近外来種のカミキリムシの幼虫が桃の木を食べてしまうニュースを見た。


この東屋はそこそこ虫が多かったようで、半袖素足など舐めた格好で寝ていたら10ヶ所は刺されたようだ。

ただこの時点では痒みにほぼ気付かず、自宅に帰った時に患部と痒みで気づいた。蚊ではないようだが・・・?


IMG_4701_R.jpg
5:00出発、雨は上がっている。行くか・・・。

位置的に四国は今日中にほぼ一周してしまうが、その先どうしようかな。



近くの店に自販機を見つけたのでUターン。

IMG_4709_R.jpg
ガム類とライターとアレの自販機だった。




6:00 大久保自販機店 寒川地区

IMG_4710_R.jpg
四国中央市の港湾地区にある自販機コーナー。


IMG_4715_R.jpg IMG_4714_R.jpg
この残り調理時間の表示がニキシ菅だと嬉しい。

出来た上がったうどんを持って、工業地帯を望みながら頂く。


IMG_4717_R.jpg
自販機のボタンは天ぷらうどん表示だったが、出てきたのはきつねうどん。

汁の温度は他所と比べて熱い。だがそれがいい、例え暑い時期でも熱々が美味いのだ。



次に三島地区の大久保自販機へ。

みんながお世話になっているエリエールやエルモアなどのティッシュ製造メーカーが集まっている場所だ。



寒川地区から十数分ほどで到着する。

IMG_4718_R.jpg IMG_4722_R.jpg
IMG_4724_R.jpg IMG_4719_R.jpg
ここでも一杯と行きたいところだが、同じ会社が管理しているうどん自販機ということで、

恐らく同じようなうどんが出て来ると思い、ここでは止めておいた。

それにあまり腹も空いてないし。





7:20 豊稔池ダム

IMG_4736_R.jpg
豊稔池ダムは全国で唯一の石積みマルチプルアーチダム。

IMG_4732_R.jpg
ダム下流に公園があるので、身支度を整える。

さてここから四国最後の自販機へ向かうが、その前に大歩危・小歩危に寄ってみたいと思う。



大歩危辺りから強い雨が降って来たので合羽を着る。

すぐ近くに有名なかずら橋があるけど、中身はワイヤーで補強されているようだ。

その橋に¥500と駐輪代を払って渡るのも何か釈然としない。

吊橋なら揺れるスリルを、もしくは絶景を味わいたい人間なので、1日目の暗闇で渡った吊橋を渡ったので、

かずら橋ではスリルは味わえないだろう(笑)。 このまま祖谷渓へ向かう事にする。


IMG_4738_R.jpg
徳島県道32号は狭路が多いが、温泉目当ての車が多い。

寧ろ温泉が無ければこんなとこ走らないだろう。


IMG_4741_R.jpg
柵の向こうに妙な像が建っている。

IMG_4740_R.jpg
何でこんな場所にショウベン小僧が・・・。

「崖の上のポニョ」のポニョと放尿をかけたとか!?



凄い寄り道したけど、四国自販機最後の訪問地。めん処かねかへ。

IMG_4742_R.jpg
でも何故かナビがかねかの看板の前で案内を終えてしまい、無駄に迷った(笑)。



10:00 めん処かねか

IMG_4745_R.jpg
この店は営業時間中は自販機で食べれないので、営業時間前に来たわけです。

IMG_4743_R.jpg
が、しかし自販機は非情にも売り切れだった・・・。


四国自販機巡りの最後はあっけない幕引きとなる。

もう予定していた名所なども訪問し終えたので四国に用は無い。

ここからなら来た時と同じ高速道路か徳島港からの輸送船だけど、

今日は平日なのでETC割引は無い上、昼間の高速道路は辛い。

さらに兵庫方面はずっと大雨のようだ。 考えるまでもなく船だな。


このままR192号を東へ行けば徳島港だけど、船の出航時刻とナビの到着予定時間を考慮すると、

近くの高速道路で徳島市街へ行くのが安全。 

出航には多分大丈夫だけど、バイクは先着20台なのでマスツー軍団とかにバイク枠を奪われると怖いからね。

あ、コンビニで金を下さないとフェリー代がないや(笑)



11:40 徳島港フェリー乗り場


IMG_4747_R.jpg
出航は13:25。余裕のゆうちゃんでした。

チケットは初めて利用したけどドライブスルー式でした。 排気量は750cc未満なので¥3900。


IMG_4746_R.jpg
キャンプのベテラン勢が愛機としそうなオフ車が乗船を待ってました。

約2時間の乗船なのでウェアは脱いでサイドケースに収納。

ブーツも脱いでクロックスに履き替える。収納に余裕があるのはいいね。



まだ時間があるので近くの中華料理屋へ。

満員で少し待ち行列があった。焼きめしと餃子を選ぶが、味は両方とも可も無く不可もなくという。

名古屋に帰ったらうま屋のチャーハン食おっと。


ただ待っている間に"響"を読む。なかなか面白かったので、地元に帰った後満喫で3巻まで読んだ。

因みに野宿中などに読んでいる漫画は"賭ケグルイ"。



IMG_4749_R.jpg
戻って見ると乗船待ちの車でいっぱい。

撮影して直ぐに乗船が始まるアナウンスが流れる。

バイクは一番先らしく出航時刻の40分くらい前でした。



IMG_4750_R.jpg
バイクはこれだけと思ったけど、別の場所にもバイク置き場があったようです。


IMG_4752_R.jpg
カップ麺は¥300。

IMG_4751_R.jpg
座席に座ったけど、ごろんと横になれスペースのが良かったかも。

隣に座ったおじさんが荷物をぎっしり足下に置いて寝てしまったので、座席から出れんくなった(笑)。

なのでデッキにも出てません。 あ~尻痛い・・・。 




15:40 和歌山港


IMG_4753_R.jpg
ライダーの誰かが外は雨や!と、大声でいうから、みんな合羽を着たり荷物にレインカバーかけていたけど、

外は普通に曇りという。私も上だけ着たので皆騙された模様(笑)。

しかもみっちり整列した車が一斉にエンジンをかけて下船を持っているから、船の内部はサウナ状態となる。



和歌山からの山中でもう一泊野宿となりそうだと考えていたが、20,000,mAhのモバイルバッテリー2台の充電が

ほぼ空になっている。

昼間は輝度MAXにすると徐々にバッテリーが減るZultra(毎夜モバブで補充)、

スマホ2台、Bluetoothレシーバの供給で3泊4日までか。

もちろん奥の手として最大3口のUSBを作れるけど、これだとバイクで走ってないといけない・・・。




自宅への到着時間を見ると下道で5時間ちょいだったので、今日中に帰ることにしました。

無料区間の自動車専用道もあるが、その出入り口付近の市街地は結構渋滞している。

雨も降って来たし上、今年交換したクラッチワイヤーも伸びてきたせいか、停止状態ではNに入りづらい。

まあでも調整は帰宅後でも問題はない。



名阪国道に入ると雨も強くなる。

帰ったら洗車場行きかと思ったけど、虫の死骸も全部綺麗にしてくれるから都合が良い。



19:15 伊賀ドライブイン

腹も減ったしドライブインの"たまご亭"のジャンボオムライスを食いたくて、食事を我慢して来たけど、

たまご亭どころか、飲食店全て終わってました・・・。 店閉まるの早っ!

こんな事なら、屋根付きバイク置き場がある名阪上野ドライブインの"おすみ"でホルモン焼き食えば良かったよ!



もう食事という目的も失い、後は自宅というゴールに向かってひたすら走り続けるのみ!

やっぱりロングツーリングのラストはこんな感じになるなと毎度思う。

にしても和歌山港から名古屋まで下道でほぼ休憩無しって・・・。


「主よ、どうか我が手と我が指に戦う力を与えたまえ・・・」

プライベート・ライアンのジャクソン二等兵の祈りを口ずさむ。



・・・・・・



21:10 自宅

IMG_4755_R.jpg
無事故完走バイクトラブル無し。上出来ですね。

9日間の盆休みでしたが、短い3泊4日となった自販機巡りツーリング。


正直なところ、自販機より野宿探しや野宿中に過ごした時が一番楽しかった気します。

そうそう椅子に座って寝るのも特に問題無いと思いました。


次回は10月か11月に3連休と有給使ってどこか行けたらいいと思ってます。




走行距離 464.5km


Result

総走行距離 1961.9km

総走行燃費 29.0km/L


食料・入場料 ¥9607

ETC・フェリー ¥8940

ガソリン ¥8795

計27,342

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。