FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寸又峡ツーリング

今週もツーリングに出かけました。

行き先は静岡県にある寸又峡。自宅から直線距離ならば100kmちょいだけど、

がっつり山々に阻まれており、回り込むように寸又峡南部からしかアクセス出来ないのでかなりの秘境なんです。

そのせいで実走距離は倍の200kmオーバーとなっております(笑)。


それでも高速は使わず一般道で走る。

寸又峡南部の千頭駅まで、4時間ノンストップ!

V-stromならば朝駆けの駄賃だが、朝はそこそこ冷えるのでトイレに早く行きたい(笑)。


しかし来週の3連休はどうしよう。

栃木県日光方面に行きたいけど、昨夜戦場ヶ原や岐阜の六厩でも初氷とかニュースで聞いたから、

野宿したら死ぬんじゃないかっていうくらい寒いだろうな・・・。



IMG_5136_R.jpg
トイレついでに腹が減り過ぎて千頭駅で食堂を見てみたが、あまり食べたいメニューは無かった。

今は丼物の気分なのだ。


IMG_5135_R.jpg
千頭駅は機関車トーマスの影響なのか、そこそこ人が多い。

知らぬ間に近鉄特急の車両も運行していた。



IMG_5137_R.jpg
途中から名古屋、尾張小牧ナンバーのバイク3人組に追走して、寸又峡に到着。

混雑次第で駐輪する場所は変わるだろうけど、駐輪代は¥200はどこも同じだと思う。


IMG_5138_R.jpg
一応飯屋を見て回ったが、うどん・そばばかりである。

変わり種としては鹿刺しというメニューもあった。

たまたま写真を撮った時は人が居なかったけど、秘境の割に観光客は多いと思う。


さて今日はトレッキングもするので、リュックを背負って歩きますよ!

コース的には往復2時間前後みたいです。


IMG_5146_R.jpg
20分くらい歩くと夢の吊橋に到着。

でも様子がおかしいぞ。


吊橋は10人くらいしか一度に渡れないけど、渡った人たちがすぐに全員Uターンして来る。

話を聞くと渡った先が崩落か何かで通行止めになっているようだ。

通常混雑時は一方通行になると思うけど、今回は戻って来るまで待つので倍ぐらい時間がかかっている。

もうすぐ紅葉のシーズンだけど、その時の待ち時間が60~120分になるらしいけど、

こんな状態だとどうなってしまうんだろう。


ネットとかでは完全に日が落ちて真っ暗闇の中渡る羽目になった人も多いとか・・・。

しかも17:00には係員も撤収して、あとは自己責任で渡って下さいって(笑)。


IMG_5155_R.jpg
吊橋は思ったより揺れる。 両サイドに手すり代わりのワイヤーがあるから流石に落ちる事はないけど。

わんぱくな子供とかはうっかり落ちるかも知れんけどね。

子供はどんな動きをするか分からないしね。押したり押されたりとかね・・・。

あと橋の上でしばらく立ち止まったりすると、係員の注意を受けますのでご注意下さい。


IMG_5157_R.jpg
大間ダムとチンダル湖。チンダル現象云々より湖面が汚い・・・。

それにしてもこの吊橋の真下の湖に、どれだけのスマホが落ちているのか気になるよ。

うっかり撮影中に落とす人が多いみたいよ。



今日は尾崎坂展望台~飛龍橋と歩きたかったけど、通行止めなら仕方ないしもう帰ろう。

行き帰りでちょうど1時間の滞在でした。

IMG_5161_R.jpg
途中の道から見えた猿並橋。あっちの方が良かったけどここからでは渡れるかは分からないが。

あと観光客で登山っぽい恰好をした人は1組だけだったし、普段着で来た方が浮かない。


さあ時間が余ったので、接岨峡方面へ向かってみますか。

実はツーリングマップルを持ってくるのを忘れたので、この先に何があるかは分からない。

でも有名なアプト式車両や湖上駅はTVで知っているのでそれだけは見たい。



IMG_5163_R.jpg
待合室があるだけの閑蔵駅。

この駅近くでUターンしました。このずっと先にある畑薙ダムで一般車は通行止めになる。


大井川に沿って走っていると、何か凄そうな吊橋を見つけたので再びUターンして近づいてみる。

IMG_5166_R.jpg
ちょうど前に千頭駅で見かけたバイクと共に入口へ。


IMG_5169_R.jpg
犬返り橋&宮沢橋と言うそうです。

宮沢橋は日本一の階段吊橋のようですが、周囲にそういうアピールするような看板はなく、

自宅で名前を調べて日本一というのが分かったくらいです。人も全く居ないし。

ちなみに今日は体が軽いので、軽くダッシュして渡りました(笑)。衝動に駆られ何となく、ね。

多分、さっきのバイクの人が奇異の目で見てたと思う。

それにしても大井川は吊橋天国だと常々思います。



もう14時。6時間くらい前から腹が減ったと感じていたけど、いい加減飯を食べないといけない。

でも食事処も無いので長嶋公園の東屋へ。

IMG_5172_R.jpg

IMG_5173_R.jpg
買っておいた緊急用カップヌードルと、昨日届いた山専ボトルも持参。

8時間前に熱湯を入れたが、もちろん熱々で美味しいヌードルが食べられました♪


人があまり来ないと思ってたけど、麺を啜っていると寸又峡で見たバイク3人組がやって来た。

ここらは道が一本しかないから、必然的に目的地などが同じで遭遇率も高くなります(笑)。


食後は奥大井湖上駅へ。

IMG_5195_R.jpg
勾配になっているけど一応駐車場も。

紅葉シーズンは多分カオス必至。



ここから急階段を登ったり下りたりします。

IMG_5176_R.jpg
鉄橋の脇を通って駅へ向かう形。

見てのとおり人家も何もなく、正直観光客だけの駅である。


IMG_5184_R.jpg
以前ガチの撮り鉄のひとりがカヌーを出して、湖から列車や鉄橋を撮影してたのをTVで観たことがある。


IMG_5182_R.jpg IMG_5180_R.jpg
時刻表を見るとあと10分弱で列車が来るみたい。

でも駐車場から登った時に列車が走ってたけど、その時間が時刻表と合わないのよ。

次の列車も時刻表から5分遅れでようやく到着。時効表も当てにならんと思い帰ろうと思った所でした(笑)。


IMG_5186_R.jpg
乗客を大勢乗せた小さな列車が入線して来ましたよ。

何か鉄道むすめって書いてあるから調べるとこういうことらしいです↓↓↓


 鉄道むすめ


山に鉄道にマスコットキャラクターが次々と現れる最近の風潮ときたら・・・悪くないな(笑)

私はこの手の二次物には寛大というか、割と好きな方なのでいいと思うよ。

特に制服にネクタイとか私好みで・・・ あ、やめとこ語ると長い(笑)。



IMG_5192_R.jpg
後ろの車両。前か後ろかは知らないけど、別にアプト式車両を連結するようだ、


IMG_5194_R.jpg
随分と大勢の観光客が下りた。

この後この人らはどうするんだろう。

私の予想では¥1800で2日間乗り放題のフリーきっぷを買っているだろうから、

一度ここで下りて湖上駅を上から見えるスポットで撮影の後、再び列車に乗るかバスで移動かと思うけど。


まあ見るべきものは見たし私も帰ろう。


IMG_5199_R.jpg
こうして見ると凄いな・・・。 どうしてこんな所に駅を造ってしまったのかは分からない。

でもまあ見ておいて損はなかったなと感じた。



IMG_5206_R.jpg
帰り際にアプトいちしろ駅に行く途中に、急勾配区間が見えた。

急勾配が1000mくらい続き、その際の高さも90mも上る。なので90‰(パーミル)と日本一!

先ほどの閑蔵駅近くにある関の沢橋梁(今日は見てないが)も、川底から70.8mもある橋梁も高さ日本一!

何かといっぱい日本一が多いですね。大井だけあって(笑)。



IMG_5214_R.jpg
新名神高速の島田金谷ICのコンビニで、モンスターエナジーとコアラのマーチで一服。

ここから高速で帰るか下道で帰るか迷ったが、今日は体も軽快活発な気配なので、

行きと同じくまったりと下道で帰るとするか。 焦って早く帰る時間でもないしね。


あと走行燃費の記録も窺える(この時点で30.3km/L)。 ・・・狙ってみるか。

行きのR23号に合流するまでは20km/L程度だったのに、よくここまで上げてきたもんだ。

自宅までは少し渋滞も考慮されてか4.5時間弱コース。


・・・・・・


そして朝の勢いそのままで帰りもノンストップ! 

まさにノンストップ・アクションですよ。まるで映画みたいなフレーズだけど(笑)。

燃費を意識し過ぎて、騎虎の勢いの如く走り続けてしまうぜ。


名古屋市内での混雑を最小限に抑えつつ、最寄りのガソリンスタンドで到着した結果。

IMG_5216_R.jpg IMG_5219_R.jpg
や、やったぞ、ついに30.8km/Lを出したぞ!

朝同じスタンドで入れて出発したので、満タン法でも計算したら(15.5L入った)、

ほぼ燃費計と同じの31km/Lでした。

タンク容量は20Lなので、このコースを走ると無給油で600kmか・・・ 

普段でも500kmは余裕のV-Strom650もやっぱいいね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。