FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光ツーリング その2

前回の続き


毛無峠からは野反湖の予定だけど、その前に渋峠の方へ向かう。

渋峠は来月に冬季通行止めになる。去年は11月末に群馬に行く予定だったが、

大雪になってしまって計画が流れてしまったのよ。


IMG_5319_R.jpg
さり気なくV-Strom650登場!

ここ志賀草津高原道路では短い間に3台と遭遇。

ちなみに寸又峡へ行った時に、R1浜松市街でも10分足らずの間に3台も見た。

あるゾーンにはV-Stromが密集しているようです。(笑)


それはさておき白根山の噴火警戒レベルも緩和されたようで、その辺りのレストハウスも営業していました。

まあ初夏頃の話だから今さらって感じですけども・・・。


IMG_5322_R.jpg
特に峠に来ても何をするわけでもないので、写真を一枚撮ってすぐに出発。

もちろん向かうのは天空の湖と言われる野反湖。



R405号をひたすら走る。

途中の六合村で殺人の滝とかチャツボミゴケ公園とか気になるスポットを通り過ぎた。

因みに六合(くに)って読める? 私は読めましたよ。何故なら"PSYCHO-PASS"に同じ名の登場人物がいたから(笑)。

ついでに殺人の滝の読み方は(さつうぜんのたき)。・・・こっちは読めるか!




IMG_5328_R.jpg
湖面標高1513メートル、水深25メートルの野反湖、天空の湖!

う、うーん? 今日はちょっと天気のせいかな。イメージと若干違った(笑)。

青い空に夏の入道雲が広がり周囲の木々も緑、そしてそこに咲く色とりどりの花。

そういう季節に来ないと、良い絵にはなりそうにないかも。つまり夏頃か。


歩こうと思っていたが今日は止めておこう。

全く何のためにリュックを持ってきたんだか・・・。


それよりここの駐車場でバイクのキーを落とした。

暖かいからオーバーパンツをベンチで脱いだけど、

パンツを手で持っている間に、ポケットに入れていたキーを落としたみたい。

幸い駐車場で探していたら15分ほどで見つかったけど、これからはホックの付いたポケットに入れる癖を付けないとね。


IMG_5326_R.jpg
野反湖に着いた時の時間と走行距離。

大体滞在したのは30分くらいかな。


次は丸美屋自販機コーナー。

ナビ吉(←名前を付けた)に登録済なので、ルートはおまかせアレックス。

でも結構距離あるな・・・。


ここまで、いつもなら瞼が重くて眠りたいと感じると思ったが、今日はあまり眠気は無い。

いつもは仕事終わりに仮眠してからツーリングに行くが、

今回は土曜日の日中は大した体力も使ってないのが大きいようだ。

体調も良いのでただひたすらに目的地を目指すのみ。


途中、GWに行った動物がいる道の駅を通った。

動物の見物でもしようと思ったが、そこそこ人も多いのでやめた。

前は早朝、今度来るときがあれば夜中に行ってみるか(笑)。



丸美屋に到着したのは確かお昼ちょうどだったと思う。

昼時なので大混雑と思ったが意外と車は少ない。

IMG_5331_R.jpg
丸美屋自販機コーナー。日光や桐生方面に行かれる際はぜひお立ち寄り下さい^^


お腹空いてたけどようやく飯が食える。


IMG_20171008_115221_R.jpg
まずは唐揚げラーメン(¥300)だ。

唐揚げの他、タマゴが乗っているがこれは大当たり。

ま、今年酉年の年男が鶏のタマゴを引けない筈がないがね。

唐揚げも鶏だし。・・・はずれのウズラのタマゴも鳥ですけどね(笑)。


それにしてもラーメンに唐揚げって誰が考えたんだ。森島先輩の仕業か! ・・・めっちゃ美味いやん。

しかもこの唐揚げ私好みのタイプだった。

普通は別々の皿で食べた方がいいなと思ったが、ラーメンの具材となると印象は一変!

ラーメンが一気に肉々しい雰囲気を出してくるではないか。

もしこのラーメンに唐揚げが無かったらかなり寂しい。 

料理は結構見た目の印象って大きいからね。


味も唐揚げがスープを含み絶妙な味となる。

今回は初めて唐揚げラーメンを食べたが、初めて食べる料理は特に印象に残る。

舌に新しい風をより感じる事が出来たよ。

これからは唐揚げラーメンを巡る旅に出るわ(笑)。


長くなったがここでラーメン食べるなら唐揚げラーメン一択でしょってことで。


IMG_20171008_120045_R.jpg
新潟の公楽園以来のトーストサンド(¥200)

こちらも熱々で美味い。 ふぅ、丸美屋自販機で大満足。
 

食べ終える頃には一気に車やマスツー軍団も登場で、自販機コーナーは大混雑して来た。

少し到着が遅れていたら自販機メニューを食べれなかったかも。



IMG_5333_R.jpg
無人駅である沢入駅で一服。

乗客以外誰も来ないと思っていたら、ソロライダーが数台やってきた。


IMG_5338_R.jpg
有名な足尾銅山があるが・・・。 取り敢えず次は足尾銅山へ。

IMG_5351_R.jpg
わたらせ渓谷鉄道の列車には大勢の客。



IMG_5354_R.jpg

IMG_5357_R.jpg
銅山へ行く途中に見つけた激渋の物件。

一体何の施設だったのだろうか?


IMG_5358_R.jpg
足尾銅山は閉山しているけど、製錬事業は続いていると記載があったが、だとするとこの先かな。


IMG_5359_R.jpg
坑道に入ってみようかと思ったけど、今回は止めてしまった。

ネットで調べると精錬所の跡とかの画像が出て来るけど、それがどこにあるのか分からないのよね。

どうせならじっくり足尾銅山や撮影ポイントとかも調べてから探索したいと思った次第。

というわけでまたこの辺に来ます(笑)。 丸美屋自販機もあるので何度も訪問するのも苦にならない。




さていよいよ日光へ。

でも対向車線は渋滞している。まだ紅葉には早いと思ったけどどうなんだろう。


有名ないろは坂は上りと下りは完全にルートが分かれており、2車線となっているのが面白く嬉しい。

足が遅い車が居ても楽に追い越し出来ますからね。

流れもスムーズだし良い道だ。ただ紅葉のピークになるといろは坂にまで大渋滞になるんだってさ。


でも明智平に着くと渋滞が始まった。ここから片側通行になる。

結局トンネルを抜け、中禅寺湖までずっと渋滞でした。


IMG_5361_R.jpg
観光地化された湖岸道路も混雑なので、信号待ちや路肩にバイクを停めて写真だけ撮っていく。

IMG_5363_R.jpg
特に日光で何をするわけでもないからずっと走ってるだけ。

でも日光に来ました的な土産は買いたいな。


そして戦場ヶ原。

何か草が生えた平原みたいな感じだったけどここが戦場ヶ原なのかな?

残念ながら路肩に停めることも出来ないのでただ走り抜けただけ(笑)。

どうでもいいけど私的には"化物語"の戦場ヶ原ひたぎを連想してしまうんだが。


IMG_5365_R.jpg

IMG_5364_R.jpg
ようやく休憩出来るスペースで停めれた。

どうやらここは奥日光という場所らしい。木々の隙間からは湯ノ湖が。

ここまで来ると紅葉はそれなりに綺麗だった。



IMG_5366_R.jpg
さて時刻は14:40。

また野宿出来る草木湖まで戻るか? 多分いろは坂で渋滞しているけど・・・。


IMG_5367_R.jpg
自宅までは下道で9時間! 体力的には戦える気がする。ここはもう自宅まで帰ろう。

月曜日は映画を観たいので今帰れば日付が変わる頃には帰れそうだし。


IMG_5369_R.jpg
よく分からないけど、しばらく走ったら新しいルートになり

到着時間が45分追加されて1:30になった(汗



IMG_5371_R.jpg
途中どこかも分からない場所で土産を¥2000分購入。


そしてすぐ渋滞情報が入り5kmくらいの渋滞。

この辺り高速道路はなく、多くの車が最寄りの関越自動車道の沼田ICへ向かっているからだと思う。

しまった洋七ですわ。この動きを予想しておかないと行けなかった・・・。


渋滞中は時速10km/hくらいで進むんだけど、左指でオッケーサインをするように

クラッチレバーを固定してれば楽なのではと思ったり。指が疲れたら今度は中指と親指で作るみたいな。

渋滞中は暇だから色々試してましたよ(笑)。


因みに左手は特に痛くは無いが、ここまでの道のりでアクセルを捻る右手の方が痛い気がする。

でも5kmくらいの渋滞ならDCTとか要らないかも知れない。

そもそも5~10km/hをアクセルだけでキープし続ける事が出来るのかなが疑問。

因みに1~5km/hという超極低速はキープはV-Strom650、というか私には無理だった。

ホントこの間ずっとこんな事したりして気を紛らしてましたよ(笑)。




IMG_5372_R.jpg
トイレ休憩の時に道の駅あがつま峡へ。5年前のマップルだからかこの道の駅は記載されておらず。

ルートも完全ナビ吉任せ。 もう腹が減ってきたけど、丼物しか食べる気はない!



しばらくまた走り続けると、田代湖という湖が見えてきたので、湖畔で一服しようと曲がって見たけど、

何か湖畔と違い民家が並ぶ道を通っていた。

あれ?前も同じ事をやったと思う。


そのまま国道を外れ県道へ導かれるのも同じ。

県道94号で濃霧が立ち込める漆黒の峠道を走る羽目に。ナビ吉やってくれたな!

距離優先・細道OKだから何でもありなのはいいけど、この暗さで峠はただ危険なだけ・・・。



さらに有料の新和田トンネルを迂回する峠道を案内して来る。

ここは何度も走っているけど、あの路面状況とこの闇は本当に拙いというか、

無駄に体力を使いたくないわけで。



IMG_5377_R.jpg
仕方ないここはETCは使えない有料道路を使おう。(¥510)




IMG_5380_R.jpg
塩尻の給油スタンド。

月さんまたこんばんはですね。

給油は必要ないかも知れないけど、渋滞もあったしギリギリは確実なので、ちらちら残量を何度も見るくらいなら

少しだけ入れておこう。



IMG_5384_R.jpg
21:00過ぎ。お昼にラーメンしか食べてないから腹が減る。

夜のR19はラーメン屋ぐらいしか営業していないので、持参していた緊急用カップ麺を作る。

バーナーもライトもあるけど面倒だ。僅かな月明りと手探りだけでこしらえた。

20時間くらい前に水筒に入れていたお湯だけど、やはりヌードルじゃないのでさすがに麺が硬かった。



中津川ICから名古屋ICまで高速道路を利用する。

そしてようやく自宅に無事到着しました!!


IMG_5385_R.jpg
名古屋~日光間、24時間ほぼぴったりの走行距離953km!

何だこれ?日帰りっていうレベルじゃないぞっていう距離になってしまったよ(;´・ω・)


因みに尻は問題無いけど肩と背中辺りが張ってる感じだけで、

人に優しい長距離ツーリングに適したバイクの実力をみましたね。

後はもう"キノの旅"のエルメスみたいに、バイクが喋れことが出来れば言う事なし(笑)。

そうそう眠気? 20時間以上音楽聴いていたからか頭はスッキリしてますよ。



これで月曜日の日中はフルで遊べるので、今回はこれでいいのだ!(バカボンのパパ風に)

この後8時間みっちりと熟睡できました(笑)。



走行距離 953.0km

走行燃費 29.5km/L
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。