FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納古山

今朝は-1℃となかなかの寒さだが、今日は手近な山の登山に出かけました。

岐阜県七宗町にある納古山です。

「のうこやま」「のこやま」などと呼ばれるが、どれが正式な名前なのかは詳しく調べていない。

ただ人気の山らしく人に依って色んな呼び名があるらしい。

私が愛称を付けるなら「のっこ」と名づける。(REBECCAかっ!)



ナビタイムには登山口前の道が表示されていない。

走ると分かったが木和谷林道という未舗装の道でした。その駐車場も沢山は車を停められないため、

近くの道の駅ひちそうに車を置いていく人も多いようだ。


IMG_6435_R.jpg
トイレはここしか設置されていない。

一応道の駅で情報を入手した所、行きは中級コース、帰りは初級コースがお勧めとあった。

特にルートは決めていないのでそれに従ってみることに。



IMG_6437_R.jpg
中級コースという文字にちょっと身構えたが、しばらくは非常に緩やかな道が続く。


IMG_6439_R.jpg
水場がある。 わき水だけど今日はお茶もあるので飲まなかった。



そこから少し進むと、少し傾斜のある道になった。

それでも人口の階段ではなく、木の根や岩などが露出した感じの道でした。



IMG_6447_R.jpg
最初の岩場で登山者たちに追いついてしまった。

水場で佇んでいた単独中年登山者と、多分母娘っぽい登山者。

私もそうだけど背後に付かれるとかなり気になるし、先に行ってくれっていう感じだったのでここで捲った。

今度は私が追いかけられる側(?)だが、ペースをあげて引き離すが疲れた・・・。



IMG_6449_R.jpg
尾根っぽい場所から。

IMG_6452_R.jpg
どこの方角か忘れたけど御嶽山かな?


IMG_6453_R.jpg
パッと見、登れるの?っていう岩場だけど、実は足が掛け易く非常に登りやすい岩場です。

でも帰りで中級コースを辿ると、岩場を下りることになるのでちょっと大変かも。

この辺りは登山マップで行きに中級コースを勧めることに納得。


しかし暑くなってきた。

額からは汗がぽたぽた垂れるし、フリースも汗で濡れている。

冬でこれだと夏に来たらどうなってしまうんだろう・・・。

まあ森の中では風も感じないけど、山頂付近まで登ると、たまに吹く風で凍えるのはもはやお約束(笑)




1時間ほど歩くと山頂(標高632.9m)。

IMG_6459_R.jpg
見ての通り大勢の登山者が集まっている。

山頂には複数のテーブルとベンチが設置され、ちょうど昼時と相まって皆談笑しながらの食事である。

程よい登山と360度の眺望が人気の所以だろうか。

「明日、のこやまで食事しようぜ。」などと言っているんだろうか? 

「のこやまで食事」という隠語が、登山という意味みたいな(笑)


まあ妄想はそのへんにしといて、まずは眺望より謎のオブジェに目が留まる。

IMG_6456_R.jpg
"NOKORIN"と書いてある。この山のマスコット的「存在か?



IMG_6458_R.jpg
今日は山々がはっきり見える。


さて私も食事だ。

道の駅で食べた醤油フランク(¥300)だけで、お腹がぺこちゃんですわ。


IMG_6461_R.jpg
少し離れたボッチテーブルへ。 ・・・別にあの大勢の中で食べれないわけじゃない。

眺望の良い場所は空いていないし、風に対する防御も兼ねてだ!



IMG_6463_R.jpg
ヌードルの後はコーヒーブレイク。

正月に買って入れている行動食だが、まだ湿気たりはしていない。

しかしナッツ類はコーヒーと合うな~ これがマリアージュって奴かい(笑)

喫茶店でコーヒーの添え物としてよく出るわけだ。



IMG_6464_R.jpg
途中、山頂が混雑している場合はこちらの岩で休憩して下さいという看板があった。

帰りは初級コース。少し起伏が落ち着いてからはドラマCDを聴いた。



IMG_6469_R.jpg
しばらく進むと登山道はこんな感じに。特にこれといったものも無く・・・。

道端には松ぼっくりが沢山落ちているくらい。


\コンニチワ/
IMG_6466_R.jpg
"ゆるキャン"というアニメ・漫画観ていると、落ちている松ぼっくりや栗とかが何故か挨拶するんだよね。

あれ結構ツボにはまってしまうんだが(笑)


そうそう今週放送された7話に、泥酔キャンパーが登場したけど、あの中の人のライブに来月行くのよ。

中の人も酒飲みだからはまり役だけど、呂律が回っていない台詞だから全然本人と分からなかった。

でも何か伏線っぽい台詞もあるからまた登場するのかな? ま、色々楽しみだわ。

それに舞台は山梨県だけど、登場人物は何故か東海地方の地名ばかりなのも謎ですが(笑)




IMG_6477_R.jpg
話を戻すと、初級コースを進んでいるが、何故か登山道が消えてしまった。。

向こうの真新しい林道へ。

IMG_6479_R.jpg
歩き始め登山道にはちょこちょこと霜柱があったが、こちらはさらにいっぱい。

IMG_6480_R.jpg
霜柱の鉱脈みたいな感じになっておりました。


IMG_6481_R.jpg
この林道ずっと霜柱だらけで、歩くとバリバリ音がします。

でも何か変だねこんな風の道がずっとバイクを置いた所まで続いてました。

靴や裾は泥だらけだし・・・。


後で知ったけど、初級コースは途中で未接続のようでした。

途中にあった"塩の道"というルートが正着だったと思う。


今日はGPSの感度が悪い(もしくはスマホのタスクキル)通ったルートがおかしくなったので、

下のキャプチャーで通ったルートを紹介。

Screenshot_2018-02-18-17-23-59_R.jpg
中級コース→天空岩→山頂→初級コースで、休憩30分込で計2時間30分でした。

王道のルートだと初級コースから中級コースか尾根コースに戻るみたいだね。

中級に戻る場合、岩場を下ることはないだろうし。

まだ通ってないルートもあるし、また登りに来ようと思う。



その後はツーリングという事で、郡上の方まで走りに行く。

午後からは風も出るし気温も低いので結構な寒さである。

登山した後は気休めだけど、靴下用のカイロを貼る事にしている。

歩いて蒸れた足が、バイクの走行風で冷えて痛くなることがあるので。


美濃東部農道と呼ばれる、飛騨金山まで延びる道は車も少なく走るには良い。

ただやはり凍結・積雪には注意だ。

IMG_6483_R.jpg
この先は放生峠。凍結の気配も濃厚で撤退。


IMG_6485_R.jpg
去年頃行った静かな公園でトイレ休憩。


IMG_6487_R.jpg
はい、お約束のoh~(ry


今日はこのままノンストップでR41号で帰宅。

いや~寒かった今日も。。 

それにしても朝から夕方までのツーリングでも走行距離は200kmも行かなかった。

新車を買っても、しばらく登山に傾倒していればV-Stromのようには距離は伸びないと思います。


走行距離 184.5km

走行燃費 25.8km/L
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaru

Author:takemaru
V-Strom650で放浪しております。

最新記事
最新コメント
リスト
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。